給与の差し押さえ

従業員が金融業者などから借りたお金の返済が滞り、その業者から会社に対して支払催促があったり、裁判所から「給与の差押」通知が届くことがあります。このようなとき、会社はどのように対応したらよいのでしょうか。
■取り立てのケース■
金融業者から会社に直接連絡があり、その従業員の給与から借入金の一部(又は全部)の返済を求められたときは、労働基準法第24 条の「賃金は、その全額を支払わなければならない」(賃金の全額払いの原則)により、その業者に対して給与から返済額を控除して支払うことはできません。
■裁判所からの給与差押命令■
金融業者が債権者となり、債権を回収するために裁判所に申し立て、裁判所がこれを認めると、裁判所から会社に対して「差押命令」が送達されます。差し押さえられる金額は、民事施行法第152 条によって、「給与支給額から、法定控除額を差し引いた残額が、44 万円以下の時は、4分の1、44 万円を超える場合は、33 万円を超えた額」です(給与のすべてが差し押さえられるわけではありません)。法定控除額には、所得税や社会保険料のことで、給与から天引きされている住宅ローン、組合費、共済費等は含まれません。
■賞与や退職金からの控除■
賞与からの差し押さえについては、給与からの差し押さえと同じルールが適用され、退職金からの差し押さえについては、金額に関係なく4分1が差し押さえの対象と
なります。
■会社側は第三債務者■
裁判所からの差押命令が送達されると、会社側は「第三債務者」となり、債権者から取り立てられる立場になります。第三債権者は、債権者の取り立てに応じて支払うか、供託所への供託のいずれかを選択します。2つ以上の差押命令があった場合は、一方の債権者に弁済し、他方の債権者に供託することはできず、両方の債権者分を供託することになります。

 

正木社会保険労務士事務所

☎    043-432-6511

FAX   043-310-6960

e-mail:info@sr-masaki.jp

  社会保険労務士 正木英司  
  社会保険労務士 正木英司  

★ 社会保険労務士

★ 第一種衛生管理者

★ 年金アドバイザー

 

 

〒284-0003
千葉県四街道市鹿渡1016-2

柏葉ビル3階 

e-mail :info@sr-masaki.jp
TEL 043-432-6511

FAX   043-310-6960

社会保険労務士
千葉県社会保険労務士会
会員番号 第1211740号
全国社会保険労務士会連合会
登録番号 第12090043号

 

◆企業理念◆

私たちは、心温まるサービス、

リスクを回避した労務管理を提供し

安心して、楽しく働ける職場作りを

お手伝いします。

お問合わせ先

☎ 043-432-6511

e-mail:info@sr-masaki.jp

営業時間

9:30 ~ 17:30

休日:土・日・祝日(但し、事前に連絡がある場合には、営業致します。)
その他、緊急時・時間外は携帯電話にご連絡ください。

対応エリア

千葉県:四街道市,佐倉市,千葉市中央区,千葉市若葉区,千葉市緑区,千葉市稲毛区,千葉市美浜区,千葉市花見川区,成田市,八街市,市原市,八千代市,茂原市,東金市,館山市,君津市,南房総市,鴨川市,勝浦市,いすみ市,富津市,木更津市,袖ヶ浦市,匝瑳市,銚子市,香取市,印西市,我孫子市,柏市,野田市,鎌ヶ谷市,流山市浦安市,習志野市,船橋市,市川市,東京都23区など

 

各種手続きは

電子申請で全国対応致します。