合同労組の対応

近年、労使のトラブルが合同労組に持ち込まれるケースが増えています。合同労組は、企業
を解雇された労働者や、労働条件に不満を持つ労働者が加入して、労働者と企業との間に起きたトラブルを解決する労働組合ですが、労働組合の対応に慣れていない企業にとっては、対応に苦慮する場合があります。今回は、合同労組の対応についてまとめてみました。
■突然の団交申し入れ■
ある日突然、「○○さんは、△△労組の組合員となりました」「団体交渉(団交)を申し入れる」という内容の文書が、合同労組から届くときがあります。この文書には、団交事項の記載のないものや「組合員の労働問題に関する諸問題」などと、抽象的な記載になっていることがあります。このような場合は、そもそも団交の応諾範囲か否かを判断するため、また企業側に心当たりがある場合は、論点をより明確にするために、団交事項を具体的に明示するよう書面で申し入れることになります。
■日時指定■
団交申し入れ時に、日時と場所が指定されていることがあります。特に、指定された日時まで日数がない、場所は組合事務所、など労組側の有利な形になっていることがあります。しかし、このまま受諾してしまっては準備不足だったり、長時間にわたり拘束されるなど、企業に
とって不利益が予想されます。このような場合は、書面によって協議の申し入れを行い、双方都合のつく日時で、公共施設の会議室、時間帯も長時間にわたらない、などの環境で、協議に臨むことがよいでしょう。
■議事録への署名■
団交終了後に「議事録です、署名願います」などと、労組側が企業側の出席者のサインを求めることがあります。しかし、タイトルは「議事録」であっても、「労働協約」になってしまうことがあります。「労働協約」は、就業規則より強力な労使の約束事になりますので、この
ような時は、「社内に持ち帰って検討する」と回答し、団交の場で署名はしないようにします。これ以外にも、「出席者の確認(会社の代表者は出席しない)」「録音の有無の確認」など、準備の怠りがないようにします。

 

正木社会保険労務士事務所

☎    043-432-6511

FAX   043-310-6960

e-mail:info@sr-masaki.jp

  社会保険労務士 正木英司  
  社会保険労務士 正木英司  

★ 社会保険労務士

★ 第一種衛生管理者

★ 年金アドバイザー

 

 

〒284-0003
千葉県四街道市鹿渡1016-2

柏葉ビル3階 

e-mail :info@sr-masaki.jp
TEL 043-432-6511

FAX   043-310-6960

社会保険労務士
千葉県社会保険労務士会
会員番号 第1211740号
全国社会保険労務士会連合会
登録番号 第12090043号

 

◆企業理念◆

私たちは、心温まるサービス、

リスクを回避した労務管理を提供し

安心して、楽しく働ける職場作りを

お手伝いします。

お問合わせ先

☎ 043-432-6511

e-mail:info@sr-masaki.jp

営業時間

9:30 ~ 17:30

休日:土・日・祝日(但し、事前に連絡がある場合には、営業致します。)
その他、緊急時・時間外は携帯電話にご連絡ください。

対応エリア

千葉県:四街道市,佐倉市,千葉市中央区,千葉市若葉区,千葉市緑区,千葉市稲毛区,千葉市美浜区,千葉市花見川区,成田市,八街市,市原市,八千代市,茂原市,東金市,館山市,君津市,南房総市,鴨川市,勝浦市,いすみ市,富津市,木更津市,袖ヶ浦市,匝瑳市,銚子市,香取市,印西市,我孫子市,柏市,野田市,鎌ヶ谷市,流山市浦安市,習志野市,船橋市,市川市,東京都23区など

 

各種手続きは

電子申請で全国対応致します。