労災保険の遺族補償給付の遺族

労災保険の遺族補償給付は、労働者が業務上の事由により死亡した場合に、その遺族の請求に基づき支給される保険給付です。この給付には、「遺族補償年金」と「遺族補償一時金」があり、労働者の死亡に伴う遺族の被扶養利益の喪失が続く限り補填をしていくという目的から、年金給付を原則とし、年金給付を受けるにふさわしい遺族がいない場合に限って一時金給付を行うとされています。また、遺族補償一時金とは異なる、遺族補償年金の前払いとなる「遺族補償年金前払一時金」があります。
■遺族補償年金を受けることのできる遺族■
遺族補償年金を受けることのできる遺族は、労働者の配偶者、子、父母、孫、祖父母及び兄弟姉妹であって、労働者の死亡当時その収入によって生計を維持していた者です。妻以外では、死亡当時、一定の要件に該当していることとされ、実際には、次のような順序になります。
① 妻、又は夫(60 歳以上又は障害状態)
② 子(18 歳到達後の年度末までの間、又は障害状態)
③ 父母(60 歳以上又は障害状態)
④ 孫(18 歳到達後の年度末までの間、又は障害状態)
⑤ 祖父母(60 歳以上又は障害状態)
⑥ 兄弟姉妹(18 歳到達後の年度末までの間、若しくは60 歳以上又は障害状態)
⑦ 夫(55 歳以上60 歳未満)
⑧ 父母(55 歳以上60 歳未満)
⑨ 祖父母(55 歳以上60 歳未満)
⑩ 兄弟姉妹(55 歳以上60 歳未満)
これら受給資格者の最先順位にある者に支給されます。なお、⑦~⑩についてはたとえその者が第1順位となっても、60 歳に達するまでは年金は支給停止され、60歳に達してはじめて年金の支給が開始されます。また、「障害状態」とは労災法規則による障害等級第5級以上に該当する障害ある状態等と定められています。
■遺族補償一時金をうけることができる遺族■
遺族補償一時金をうけることができる遺族及び順序は、

①配偶者、

②生計維持されていた子・父母・孫・祖父母、
③②に該当しない子・父母・孫・祖父母、④兄弟姉妹となっています。

 

正木社会保険労務士事務所

☎    043-432-6511

FAX   043-310-6960

e-mail:info@sr-masaki.jp

  社会保険労務士 正木英司  
  社会保険労務士 正木英司  

★ 社会保険労務士

★ 第一種衛生管理者

★ 年金アドバイザー

 

 

〒284-0003
千葉県四街道市鹿渡1016-2

柏葉ビル3階 

e-mail :info@sr-masaki.jp
TEL 043-432-6511

FAX   043-310-6960

社会保険労務士
千葉県社会保険労務士会
会員番号 第1211740号
全国社会保険労務士会連合会
登録番号 第12090043号

 

◆企業理念◆

私たちは、心温まるサービス、

リスクを回避した労務管理を提供し

安心して、楽しく働ける職場作りを

お手伝いします。

お問合わせ先

☎ 043-432-6511

e-mail:info@sr-masaki.jp

営業時間

9:30 ~ 17:30

休日:土・日・祝日(但し、事前に連絡がある場合には、営業致します。)
その他、緊急時・時間外は携帯電話にご連絡ください。

対応エリア

千葉県:四街道市,佐倉市,千葉市中央区,千葉市若葉区,千葉市緑区,千葉市稲毛区,千葉市美浜区,千葉市花見川区,成田市,八街市,市原市,八千代市,茂原市,東金市,館山市,君津市,南房総市,鴨川市,勝浦市,いすみ市,富津市,木更津市,袖ヶ浦市,匝瑳市,銚子市,香取市,印西市,我孫子市,柏市,野田市,鎌ヶ谷市,流山市浦安市,習志野市,船橋市,市川市,東京都23区など

 

各種手続きは

電子申請で全国対応致します。