パワーハラスメントの予防・提言

今年1月に厚生労働省の「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グル
ープ」が、パワーハラスメントの予防・解決に関する報告を取りまとめました。これをうけて、今年3月には、「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議」が「職場のパワーハラスメントの予防・解決に向けた提言」を公表しました。
■問題の背景■
「いじめ・嫌がらせ」、「パワーハラスメント」が社会問題として顕在化した背景には、企業間競争の激化による社員への圧力の高まり、職場内のコミュニケーションの希薄化や問題解決能力の低下、など、多様な要因が指摘されています。しかし、問題の当事者である労使の間でこの問題の重要性に気づいていない場合や、気づいていたとしても「いじめ・嫌がらせ」「パワーハラスメント」と「業務上の指導」との線引きが難しいなどの理由から、「取り組みが難しい」「取り組む場合でも管理者が及び腰になる」など、問題の対応への困難さが指摘されています。
■職場のパワーハラスメントの行為類型■
職場のパワーハラスメントの行為類型としては、次のものが挙げられます。①暴行・傷害(身体的な攻撃)、②脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言(精神的な攻撃)、③隔離・仲間外し・無視(人間関係から切り離し)、④業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害(過大な要求)、⑤業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと(過小な要求)、⑥私的なことに過度に立ち入ること(個の侵害)

■職場のパワーハラスメントの予防・解決■
職場のパワーハラスメントの予防するためには、

○ 組織のトップが職場のパワーハラスメントは職場からなくすべきであることを、明確に示す
○ 実態を把握するために、従業員アンケートの実施
○ 予防・解決についての方針やガイドラインの作成
○ 企業内・外に相談窓口の設置、外部との連携
○ 行為者に対する再発防止研修の実施などが、挙げられています。
(出所:職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ報告)

 

正木社会保険労務士事務所

☎    043-432-6511

FAX   043-310-6960

e-mail:info@sr-masaki.jp

  社会保険労務士 正木英司  
  社会保険労務士 正木英司  

★ 社会保険労務士

★ 第一種衛生管理者

★ 年金アドバイザー

 

 

〒284-0003
千葉県四街道市鹿渡1016-2

柏葉ビル3階 

e-mail :info@sr-masaki.jp
TEL 043-432-6511

FAX   043-310-6960

社会保険労務士
千葉県社会保険労務士会
会員番号 第1211740号
全国社会保険労務士会連合会
登録番号 第12090043号

 

◆企業理念◆

私たちは、心温まるサービス、

リスクを回避した労務管理を提供し

安心して、楽しく働ける職場作りを

お手伝いします。

お問合わせ先

☎ 043-432-6511

e-mail:info@sr-masaki.jp

営業時間

9:30 ~ 17:30

休日:土・日・祝日(但し、事前に連絡がある場合には、営業致します。)
その他、緊急時・時間外は携帯電話にご連絡ください。

対応エリア

千葉県:四街道市,佐倉市,千葉市中央区,千葉市若葉区,千葉市緑区,千葉市稲毛区,千葉市美浜区,千葉市花見川区,成田市,八街市,市原市,八千代市,茂原市,東金市,館山市,君津市,南房総市,鴨川市,勝浦市,いすみ市,富津市,木更津市,袖ヶ浦市,匝瑳市,銚子市,香取市,印西市,我孫子市,柏市,野田市,鎌ヶ谷市,流山市浦安市,習志野市,船橋市,市川市,東京都23区など

 

各種手続きは

電子申請で全国対応致します。